2018.05/14(Mon)

20180514

寿美菜子さんのライブへ行ってきた
リリースから2年以上が経過して、ようやっと"YES"を聴くことができた
Sun Shower!?こんな序盤で!?からの流れでくると思ったけどわりと終盤
焦らしに焦らしを重ねられての"YES"、感動しました
やっぱあのイントロはゾクゾクしますね
よき日でした、次はまたお隣で

EDIT  |  23:30 |  感想 (ライブ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2018.02/25(Sun)

20180225

寿美菜子さんの360℃(375℃)ライブに行ってきた。
数年ぶりの正式なワンマンということで"YES"をしたかったが"NO"だった。

まぁそんなことはどうでもよく(どうでもよくはない)て、セトリがとてもよかった。
ただ単によかったってだけじゃなくて、久々にライブの楽しさを思い出したというか。
寿さんがアーティスト活動を始めて約8年。
今回は直近にリリースされたアルバムのレコ発というわけではなく、あくまでも単発のすぺさるなライブ。
ということで、新旧織り交ぜた、古くからのファンも満足(やろ?)のセトリ。
昔のアルバム曲と今の曲が繋がった時の新しい発見だったり、普通の並びで聴いてるだけじゃわからないことが見えて、久々にそういう意味でライブが楽しかった。
いつも聴いてた曲が並びでこうも変わるのか的な。
1,2年やるだけ、アルバムが1枚出たくらい、のキャリアでは決して起こり得ない楽しみなんですよね。
もちろんアルバムの完成された流れもいいものですよ。型から外れた時の発見、ですよ。
『Brand New World』->『i wanna be my precious one』->『echo hearts』->『I wanted to do』のところはそれを最も強く感じた。最高ってやつ。
存在を知ったのは『My stride』から、ライブは『Tick』から、なので最初期から知ってるわけではないけれど、それでもこう感じられたのだから、古くからのファンにはたまらないものがあったのではないでしょうか。
本人が考えた最強のセトリとファンの考えた最強のセトリが合致するアーティストは強いんだよな……。
どうでもいいけど、KOTOKOのライブの楽しみの一つもこれなんだよな、どうでもいいけど。

長くなりましたがそんな感じで。次こそは"YES"するからな。させてください。できるやろ……?
早く『Sun Shower』->『black hole』->『"YES"』したい……。

EDIT  |  11:50 |  感想 (ライブ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2017.06/04(Sun)

chimame march

チマメ隊のワンマンライブでした。
なんとか最後までヒトの形を保った。
最初の2曲以外がまさかの生バンド。
しかもバンドメンバーは全員女性。
やっぱり、女性ベーシストなんですよね……。
今日もいのりさんめっちゃかわいかった。いやほんま、最高にいのりさんって感じだった。
好きのすべてがステージにある幸せな空間をありがとう。
あー好き。好きだ……。
だめ、パンフみよ……。
あー好きだ……。あー。

EDIT  |  00:51 |  感想 (ライブ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2017.05/12(Fri)

ego-izm

仕事終わりにla la larks5周年記念ライブへ。
シングル2枚しかないのに20曲近いフルライブをやるという。
シングル1枚でパシフィコ2回回しをやったどこぞの声優ユニットですか、って感じの音源リリースの無さ(シングル以外はYouTubeにデモが上がってるだけ)
てかもう5年も経つのね……てことはsfp終わってからもそれだけ経つのか……。

曲はだいたいわからなかった(=リリースされてないから曲名と曲がほぼ一致せずわかりようがない)けど、ただひとつ、『色彩』だけは明確にブチ上がる(オタク)
坂本真綾さんに楽曲提供の後にセルフカバーしたやつで、FGO第1部のテーマ曲。
仕方ないね。サビでステージライトがロマニの色になった時は、多分わかってはやってないと思うけど、おまえー!おまえ、おまえっ!って泣きそうになったよね(オタク)
トータルで見ると、やっぱlarksは落ち着いた曲調の方が好きだな。曲名わからんけど。

今度ようやく、ようやく、本当にようやくアルバムが出るみたいなので是非。

EDIT  |  00:57 |  感想 (ライブ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2017.04/24(Mon)

CHAIN THE BLOSSOM

ナナシス3rdへ。

最初は、まぁ2ndの延長で新曲混ぜつつハルカゼ〆かなくらいの気持ちでいたら余裕でひっくり返されて泡噴いた。

開幕セブンスの2曲で安定のハンズアップをキメたところで、なんか音というか、ビートの迫り具合が違うな、なんやろな?と思って……暗転したステージをよく見ると、あれ……ステージセットの中になんかおらん?……バンドおらん?????は?????ってなって、もう腕ちぎれた。
フロアには支配人、ステージにはあくまでもアイドルのみ。この構図を最初から最後まで保ち続けたのが、なんとも茂木ちゃんらしいというか。
全曲バンド演奏ならではの曲間演出(キラチュナーのコールアンドレスポンスとか)もあり、アップしたハンズが降ろせない3時間。
4UとQoPのようなロックナンバーももちろん生演奏で、なんやこれもうツインドラムやんけ!ってなったよね。(片方無音)
無音のはずなんだけど、いやもうあれはまるで本物のような音がフロアを支配していましたね……すみません本物の音だね……どっち指してんのかわかんねえなこれ。
4Uのラッキララッキラアウトロで電子ドラムに寄りかかるまりあんぬむちゃくちゃ良かったですよね(細かすぎて伝わらない)
Fire and Roseは生演奏で聴きたい曲の一曲だったので、まさかこんなに早く叶うとは思わず。やっぱこの曲かっこよすぎでしょう。
かんっぜんに4UとQoPでピークタイム迎えて体が限界。

ナナシスの時のいのりさんは常時カリスマA+が発揮されていて、他では決して見られないエネルギッシュでキレッキレなムーブが見られるのでほんと最高です(最高) #最高 #語彙
花道最前で腰クイクイ動いてた時が、その。はい。

いやほんと、なんかよくわからんのだけど、ナナシスのライブはいろいろと刺激される。
他で引っかかってたことが解消されたり、なんか欠けてた部分が埋まったり。
ココ最近の脳内に散らばってるパズルを忘れないうちに整理しておきたい。

次回は2018年、武道館。
単純に1回公演だとキャパは純減だけど、昼夜やるんだろうか。
2nd->3rdの時は告知時点で2DAYSってうたってたから今度は1日だけかな。
楽しみでございます。

EDIT  |  01:46 |  感想 (ライブ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT