06月≪ 2019年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2019.06/06(Thu)

『私に天使が舞い降りた!』を見て健康で文化的な生活を送ろう

グーテンターク。
R氏だよ。

最近、疲れてませんか?
宿題、課題、試験、労働、家事、生活……つら~い現実、つらいですよね。
今日は日頃みんなが様々な要因で疲弊してしまった時に摂取してほしい作品の紹介をしようと思います。

■ 皆さん『私に天使が舞い降りた!』はご覧になられましたか?

天使、舞い降りてますか?まだ?
結構、各種動画配信サイトで「私に天使が舞い降りた!」と検索してください。それが今あなたがとるべき行動です。
配信されているサービスは列挙するのが面倒になるくらい多く、最も見やすい(と思われる)ところだと、Amazonのプライム・ビデオでも見ることができます。
配信サービスの詳細はこちらをご参照くださいまし。

(この流れどこかで……?)

そんな『私に天使が舞い降りた!(以降、『わたてん』)』のあらすじは、こう。
大学生の星野みやこはある日、小学5年生になる妹のひなたが連れてきたクラスメイトの白咲花に一目惚れをした。みやこは何とかして花と仲良くなろうと画策するが、重度の人見知りである彼女の不器用な行動は、花に警戒心を抱かせるばかりであった。それでもお近づきになりたいと努力するみやこに対し、花は次第に心を開いていく。


………
……


グッド!


いいですねおねロリですよおねロリわかります?

■ 時代の最先端「おねロリ」とは

『わたてん』はいわゆる「おねロリ」に分類される作品です。
「おねロリ」とは、百合に属する一ジャンルで、お姉さんとロリがもにょっとする、なんか、こう、えぇやつのことだ。
昨今ではおねロリ百合アンソロジー『パルフェ』が発刊されるなど、ここ数年でじわじわと盛り上がりを見せている。
ちなみに、ここで言う「おね」とは後者(ロリ)に対する実際のお姉ちゃんとは限らず、要は年上の女性を指すので注意だ。
むしろそっちは「姉ロリ」などと呼ばれることもある。(姉妹百合じゃだめなのか?)(だめなんだよ)(きっと)
日本語って難しいね。

他の「おねロリ」では去年アニメ化もされた『うちのメイドがウザすぎる!』や、よりHENTAI性(not R18)を特化させた『お姉さんは女子小学生に興味があります。』などが現在進行系でシーンを牽引している。
個人的おすすめは「おねロリ」の土台を築き上げた作品のひとつである『柚子森さん』だが……これ以上は完全に脱線してしまうので、「お姉さんとロリの組み合わせって、尊いよな……」とご理解いただけた方は後でググってみてほしい。せめて『柚子森さん』だけでも。頼む。頼む。

■ 『わたてん』を見るという行為こそが、現代人に平等に与えられた、最高の癒やしと言えるのである

閑話休題。

じゃあ『わたてん』の何がいいの?ってハナシ。
言ってしまえば「え……全部……」で終わってしまうのですが、あまりにもオタクすぎるので少し細分化してみたいと思います。

・キャラがかわいい!

もっ、最高ですね。
お菓子に目がないクソみたいな服を着る花ちゃん、みゃー姉大好きひなた、ひなた大好きでっしょー!乃愛ちゃん、みんなに頼ってもらいたい小依ちゃん、夏音ママ。
みんな個性があってかわいい。
ちゃんと子どもらしさがあってかわいいし、嫌味なキャラクターもいなくてノーストレス。
乃愛ちゃんはひなたが好きすぎてかわいい。ひなたがイケメンすぎるのが悪い。仕方ない。
金髪で小悪魔っぽいのもかわいい。最高。ホワイトリリィ!かわいい。かわいい。語彙?最初からないよ。
ひなた役のリカチマルの目すきすき侍。

・ありがとう動画工房!

ちょっとした動きや仕草があまりにもかわいい。癒やし。ぷにぷにしてる。天使。
ありがとう動画工房。ありがとうめちゃかわジャパニメーション。
画面のどこを見ても幸せがある。こんなこと、誰にでもできることじゃないよ。
過剰な演出やうるさすぎる場面もこれといって特にない。
見ていて、画面にあるものがスルスルっと体に入っていくこの感覚……そう、これが動画工房クオリティ(インターネッツ古語)
見ていて全く疲れない。ここには癒やししかない。
優しい世界。平和の象徴。国宝。文化遺産。世界遺産。真理。
『わたてん』は──まだガンには効かないが、そのうち効くようになる。

動画工房はゆるゆり、GJ部、恋愛ラボ、未確認で進行形、ガヴリールドロップアウト……挙げたらキリがない!これらのアニメを制作してきた制作会社です。
今期の仙狐さんも動画工房だよ。見てね。

・音楽がいい!

OP/EDがとにかく素晴らしい。この手のアニメの声優ユニットソングだからとナメちゃあいけませんよ。
OPの「ぜんぶポイポイポイポーイ!」の「ポーイ!」の抜けの良さは本当に気持ちいいし、スウィングジャズ調のEDは油断すると泣きます。2話の内容からのEDへの流れがエモエモのエモだから歌詞も合わせてよく聴いてほしい。

劇伴制作は伊賀拓郎さん。
鍵盤ハーモニカ等を主体とした、ころころとした音楽がこれまたかわいい。
たしかにそれは、彼女らがいる空間を支え、生きている音楽として物語を彩っている。
主張も激しくなく、正しくBGMをしておられる。劇伴とはかくあるべき。
挿入歌的なものもあるわけですが、それは本編を見てからのお楽しみということで。

実は結構物語構成がいい!

かわいいキャラクターとみゃー姉を中心としたワイワイに30分間完全に意識をもっていかれそうになりますが、1話から12話までしっかりと芯の通ったストーリーラインがあります。

『わたてん』では大学生のみやこと妹・ひなたをキーに、友だちである花ちゃんをはじめ、様々なクラスメイトや母親、みやこの高校時代からの重度のストーカー友だc……違う、部活仲間などが登場し、物語が展開していきます。
怒涛の展開をしたり、毎話がクライマックスだったりといった手に汗握るようなお話は全くない。でも女子小学生の手は握る。すべすべ。

教室で机をくっつけたり、家庭科の授業でお菓子を作ったり、通学路で蜜を吸ったあの花……今は遠き日の思い出が蘇る描写も多数出てきます。
そんな様々な季節の日常が巡っていくなかで、人と出会い、外の世界を知り、ふれあうことでみゃー姉は変わってゆく。
そして辿り着く12話Bパート。すべての答えがここにあります。
この心理描写や作画、構成にはなかなかどうして唸らせられるものがあります。
『わたてん』とは、愛の力によって一人の人間が変わっていく様を描いた成長物語、と言っても過言ではありません。いやほんとに。

ちなみに、最終話12話はAパートも少し特殊。
日常的風景が主だった1話~11話ですが、最後の12話Aパートだけは少し違い、更にここにはちょっとした視覚的トリックも仕込まれています。
それに気付いた時、あなたは自ずと12話をもう一度見て、天使たちの愛の物語の深淵へと引きずり込まれることでしょう。
ここでは12話の考察は行いませんが、場面転換に注目して見ると、その仕掛けに気付くことと思われます。

……

細分化しても結局オタクだった。


『わたてん』は間違いなく、ここ2,3年で見てきたなかでナンバーワンヒット作でした。
なんか、本当に、見ている間だけでなく終わった後の時間も気持ちが楽になる全12話だった……。

泣けるアニメだけがいいアニメなのか?
熱くなれて爽快感のあるアニメだけがいいアニメなのか?
そんなことは決してない。断じてない。
世界観がとてもよく練られた作品だとか、考察が捗る作品だとか、後世に語り継がれるべき作品はそういったものだけではないはずだ。
人間や世に様々な感情があるように、作品にも様々な顔がある。

「おねロリ」、そして『わたてん』。
これは、アニメ・漫画だからこそできる表現と作品世界のひとつだ。
そんな『わたてん』を見終わった後の心に残るほっこりした気持ち。いつの間にか消えている負の感情。
苦しい時やつらい時、挫けそうな時……『わたてん』はあなたの心の支えになってくれると思います。

『わたてん』、是非ご覧ください。

EDIT  |  22:28 |  感想 (その他)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2019.05/15(Wed)

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』に出てきたお花を見に行こう

ジャンボ!
R氏だよ。

■ 皆さん『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』はご覧になられましたか?

まだ見ていない?それは実に幸運、これから見られるということだ。
ぜひとも録画データを漁るか、Netflixを契約して見てみてほしい。

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は暁佳奈さんによるライトノベルで、去年1月から4月にかけてはTVアニメが放送されていました。
高い戦闘能力を持ち、軍に“武器”として扱われていた、言葉と感情に乏しい少女・ヴァイオレット。
戦いのなかで両腕を失った彼女にとって、かけがえのない存在であったギルベルト少佐から最後に伝えられた「愛してる」の意味を、自動手記人形という仕事とその先で出会う人々を通じて探していく。
だいたいこんな感じの大筋だ。

では何故2019年の今、平成も終わったというのに、この作品の話を?と思われるかもしれないが、理由は実に単純明快だ。

今見たからだ。

キッカケはTwitterのフォロワーが「ヴァイオレット・エヴァーガーデンを見て」と言っているのを見て。
そういや録画したまま見てなかったし、今少し余裕あるから見るかー、とまぁ最初はわりと軽いお気持ちで見始めた。
はじめのうちはフーンとかホーンとか言いながら椅子に浅く座りながらぼんやりと見ていたのだけれど、3話くらいで「カトレアにアイリス、イベリス、ルクリア……あれ?」と、あることに気付くR氏。

キャラクター名にお花の名前がめっちゃ使われてんじゃん!(突然前のめりになるR氏)

キャラクターの性格やシナリオが花言葉と密接に関係していることもあったりして、花/園芸オタクにはもうマイティクリティカルストライク。
全話見終わる頃には顔面びしょぬれで、「アニメ見てこんな泣いたのトイ・ストーリー3以来じゃもん」などと意味不明な供述をしながら洗濯機にタオルをダンクシュートするプレイングをキメたR氏ですが、その話は置いておいて……本記事では作中に出てくるお花(=キャラクター名)の話をしようと思う。
うわまたあいつめんどくさいオタク始まったよとか言うな。



■ どんなお花が元ネタになってるの?

たくさんあります。
主に女性キャラクターに用いられていることが多いようで、以下の通り。

・ブーゲンビリア
・カトレア
・エリカ
・アイリス
・ルクリア
・ローダンセ
・イベリス
・ブルーベル
・ステファノティス
・オリビア
・マグノリア
・ヴァイオレット

それでは、これらの花々をひとつずつ簡単に見ていきます。

ブーゲンビリア(Bougainvillea)

キャラクター名:ギルベルト・ブーゲンビリア / ディートフリート・ブーゲンビリア

熱帯地域を原産とするオシロイバナ科・ブーゲンビリア属のお花。
花言葉は「情熱」や「あなたしか見えない」など。

中央部分に咲く白い小さな部分がお花で、周りの紫だったりオレンジだったり赤だったりする部分は苞(いわゆる葉っぱ)。
似たような構造を持つ花としては他にもハナキリンなどがあります。

国内では主に植物園の温室で春から初夏(4~6月頭頃)にかけて見ることができます。
都内であれば夢の島熱帯植物館、神奈川の日比谷花壇大船フラワーセンターや愛知県の東山動植物園など。
温室でこの花を見ない方が珍しいくらい、温室のド定番なので、時期さえ合えば温室があればどこででも見られると思います。

先述のハナキリンも温室で見られるよ。


カトレア(Cattleya)

キャラクター名:カトレア・ボードレール

中南米原産のラン科・カトレア属のお花。
花言葉は「優美な貴婦人」や「魅惑的」など。

ランと言えばカトレア、と言われるくらいランの代名詞的存在。
品種が非常に豊富で、100以上あるとも言われています。
モノによってはデンドロビウムと見間違えされそうなフォルムも。

国内ではこれまた温室の定番であり、カトレアはわりとどの季節に行っても見られます。
温室に入ったらまずお出迎えしてくれるのがアンスリウムとカトレアだと言っても過言ではありません。


エリカ(Erica)

キャラクター名:エリカ・ブラウン

エリカは正確にはある特定の花を指す名称ではなく、ツツジ科・エリカ属の総称。
有名どころだとジャノメエリカなどが当てはまります。
ツツジ科ではあるけれど、ツツジと聞いて思い浮かべるそれとは全く異なり、小さい目のような花が無数に付くのが特徴。
ジャノメエリカの花言葉は「幸運」。

一年を通してどこででも見られ、案外近所のなんでもないところに咲いてたりもする。
植物園で見られるのも珍しくなく、夢の島熱帯植物館なんかでは温室の少し離れた外周にひっそりと立て看板とともに咲いてたりします。
西の方では京都府立植物園でも見かけたことがあります。


アイリス(Iris)

キャラクター名:アイリス・カナリー

アヤメ科アヤメ属ということからもわかるように、要するにアヤメのことです(アイリスは学名)
花言葉は「恋のメッセージ」や「希望」など。

ある程度花がわかってくるとおそらく最初の方にぶつかる壁として、アヤメ・カキツバタ・ハナショウブの区別がある。
どれもほぼ同じような形をしており、ほぼ同じような場所に、ほぼ同じ時期に咲くという厄介者。
花びらをよく見るか、咲いている場所を見れば区別がつきますが、カキツバタとハナショウブはまじで判別がむずい。

今回由来となったアヤメ/アイリスは最も判別がしやすく、乾いたところに咲くのが特徴。
住宅地の隙間とかに普通に咲いてたりします。
5月~6月頃に散歩して見つけることが容易な花のひとつです。

ちなみに毒あるから食べちゃだめだよ。
お腹壊すよ。


ルクリア(Luculia)

キャラクター名:ルクリア・モールバラ / シャルロッテ・エーベルフレイヤ・ドロッセル

これもエリカと同じく、アカネ科・ルクリア属の総称。
花言葉は「優美な人」や「清純な心」など。
海外ではルクリア・ピンセアナ、国内流通ではアッサムニオイザクラとして出回ります。
一年における開花期は遅く、冬が本格的に始まる11月から12月頃に咲き始めます。
ちなみに、ピンク色の花が咲く品種は「シャルロッテ」と呼ばれます。

その名の通り花が「あっ、寒w」って気付くと咲く感じですね。
……。


ローダンセ(Rhodanthe)

キャラクター名:ローダンセ

キク科・ローダンセ属のお花で、国内ではハナカンザシとして流通することが多いのであまり記憶にないかもしれませんが、声豚の皆さんには大変馴染み深い名前だと思います。
きんいろモザイクの声優ユニット「Rhodanthe*」の名前がまさにこれです。
花言葉は「変わらぬ思い」「終わりのない友情」。

キク科のオーソドックスな形の花を咲かせ、春から初夏頃に開花することから、寄せ植えやドライフラワーなどの形で実はこれまで様々な形で目にしてきているかもしれません。
駅前の花壇とかプラントにも咲いてたりしますよ。


イベリス(lberis)

キャラクター名:イベリス・コノウエ

アブラナ科・マガリバナ属で、砂糖菓子のような小さくて白い花がぽこぽことたくさん咲くのが特徴のお花。
その様子から海外ではキャンディタフトとも呼ばれ親しまれています。
花言葉は「甘い誘惑」。

西のほうでは大阪市立長居植物園で見かけましたが、植物園ではあまり見かけない印象があります。
むしろ、ご近所の花屋さんなどで3~4月頃にポット苗がよく出回るのでそちらをチェックしたほうがいいかもしれません。
育てるのも特に難しいことはなく大きめの鉢に3,4つ植えることで大変かわいらしく楽しい見た目になるので、初心者にもおすすめです。
イベリスはいいぞ。


ブルーベル(Hyacinthoides)

キャラクター名:ブルーベル・ユノア

キジカクシ科ヒヤシンソイデス属のお花。
その名の通り、青いベルのような形が特徴。
遠目から見れば、ちょっと大きめのムスカリのようにも見えるかもしれません、

お花屋さんなどでは「スパニッシュ・ブルーベル」や「シラー・カンパニュラータ」といった品種名で出回る事が多いです。
また属からもわかるように、もとを辿ればヒヤシンスの仲間でもあったりします。

実際に見たことはまだ無いのですが、4月から5月の暖かくなり始める春頃に開花期を迎え、家で育てることも十分可能な種のため意識して探してみると案外近所でも見つかるかもしれません。


ステファノティス(Stephanotis)

キャラクター名:リオン・ステファノティス

キョウチクトウ科・ステファノティス属、いわゆるマダガスカル・ジャスミンのことです。
マダガスカル・ジャスミンと言っても、一般的なジャスミンとは全く別の仲間。
こういうところがお花のめんどくさいところなのよね……。

花言葉は「二人で遠くへ旅を」や「清らかな祈り」など。
この「二人で遠くへ旅を」という花言葉がステファノティス登場回にめちゃくちゃぶっ刺さるんです。
是非とも6話をご覧いただきたい。

都内だと、新宿御苑の温室で見られます。


オリビア(Dianthus superbus)

キャラクター名:オリビア・ウェブスター

ナデシコ科ナデシコ属のお花。
要するにナデシコの一種です。
花言葉は「思慕」や「純愛」など。

園芸品種によって開花期が微妙に異なるので、意外と一年を通して様々な場所で見られるかもしれません。
家庭での園芸でも人気・メジャーなお花なので、街なかを歩いているだけでも玄関によく咲いていたりします。
植物園でも入り口付近、ウエルカムエリアの彩りとして置かれていることが多いです。


マグノリア(Magnolia)

キャラクター名:アン・マグノリア / クラーラ・マグノリア

モクレン科・モクレン属のお花。
様々な園芸品種が存在する木蓮の総称としてこのマグノリアが使用されることが多いです。
花言葉は「自然への愛」や「持続性」など。
木蓮は小石川植物園や神代植物公園で見ることができます。

作中ではこの花言葉の両方がモチーフになっていると思われます。
子どものアン・マグノリアは「自然への愛」、そしてアンの母親であるクラーラ・マグノリアは「持続性」。
何故そうなのかは……10話を見ればわかるようになっていると思います。
特に母親の「持続性」がなぁ……もうなあ……あんなに長い間続いて支えてくれるんだよなあ……。
おじさん今これ書きながらもう泣きそうだよ。ほんとむり。しんどい。


ヴァイオレット(Viola mandshurica)

キャラクター名:ヴァイオレット・エヴァーガーデン

最後はスミレ科スミレ属のヴァイオレット。
ヴァイオレットの名では日常生活において馴染みがないかと思われますが、和名でいうとスミレになります。
スミレの分類や呼称については非常に細かくわかりづらいものがありますが、ここでは割愛します……。

スミレの花言葉は紫の場合、「愛」(これまでに挙げた花の中にも色・品種で花言葉が変わるものがあります)
作中においてもヴァイオレットが対峙する形で登場したスミレも紫色。
そしてこれは、ヴァイオレットが「愛してる」の意味を探す物語──美しいですね。

開花期は春の訪れを告げる花ということもあり、3月~4月頃。
おそらく今回挙げたお花のなかで一番見つけやすいと思います。
土手や道端など、本当になんでもない場所に、春先になるとそれはいつも咲いています。



つかれた。
もしかすると他にもあるかもしれませんが、パっと見でわかるお花モチーフの名前・キャラクターはこの程度かな。
(こじつけようと思えばベネディクト・ブルーやラックス・シビュラもお花に繋がりますが、ちょっと違う気がしたので除外しました)

原産や種別などに特に偏りはなく、まんべんなくチョイスされているように感じます。
強いて言えば、なぜか低木の花が多いかな?というくらい(多分特に意味はない)

これらの花の花言葉も念頭に置いて今一度各話を見てみると、また違った視点や気付くことがあるかもしれません。

植物園や温室に行かないと見られない花もあれば、それこそ玄関から一歩出れば見られるような花まで幅広くチョイスされていて、著者は相当な花好きだと推察されますね。友だちになりてえ……。
上記で挙げた植物園は各々のWebサイト上に見頃の花の紹介を載せていることがほとんどです。もし行かれる際には事前に開花情報をチェックするとよいと思います。
もちろんそこに書かれているお花がすべてではなく、また書かれていても早咲き/遅咲きになっていることもあるので過信は注意。

たまにふと、普段より少し視線を下に向けてみてください(前向いて歩いてね)
そこにはいろいろな発見が転がってるかもしれません。

最後に。
本作を見るきっかけをくださったごま.。・さんへ感謝を。
ありがとうございました。もう一周見てきます(新しいタオルを出しつつ)

EDIT  |  22:06 |  感想 (その他)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2018.08/28(Tue)

20180828

フリクリ プログレを見た
全く意味がわからんが、気持ちよくなる
いつも通りのフリクリだった
作品自体がカオスなおかげで、いのりさんの演技にも様々な顔が現れてよかったですね~
当時フリクリで頭殴られたオタクとしてはオルタナも見に行かなければな

EDIT  |  14:39 |  感想 (その他)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2018.03/30(Fri)

20180330

ハクメイとミコチのアニメが終わってしもうた……
原作を読んだ時からずっと動いてるところが見たかった蜂蜜館の話が見られただけでもう満足です
最後までクオリティ的にもダレることなく終わってくれて久々にいいアニメ化だったなぁと
原作5巻までのエピソードをかいつまんで消化したのですぐには2期なんてことはないだろうけど、2年後くらいにまたぽそっと2期けって~みたいなゆるい感じで動くハクメイとミコチの世界が見られたらいいな
アニメから入った人は是非とも原作も読んでみてくださいな
アニメ以上に暖かくなれますよ

EDIT  |  23:18 |  感想 (その他)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2017.10/15(Sun)

20171015

HF第一章見てきた。
如何せん原作がもう何年前かってぱっとすぐ出てこない程度には時が過ぎてしまっておる故細かいところはあまり覚えていないのだけれど、よくあれをここまでで2時間にまとめて区切ったなって感じ。
「みんなFateルートとUBWルートはやったな?いくぞ!」みたいな過程思っきしすっ飛ばして盛るとこ盛ってた。
それでいいと思います。ただでさえ長いHFですから……。
でも必要なところはしっかり残ってる。記憶が曖昧でもそれはわかる。構成がほんとにすごい。
FGOでFate知ったって方はUBWさえ見ておけばなんとかなると思う。Zeroまで見てればより安心。
Fateルートで王道を描き、UBWで熱血を描き、最後のHFは……HFは……愛、ですかね……(鬱)
そも聖杯とはなんぞや?そもなんで7騎で争うんや?みたいなところの根底を描くものでもあるので、知っておくと他のを見た時にもより楽しめるものなので、ぜひ。

いや最近はもう聖、杯……?だったり14騎だったりそれ以上だったりするわw
おわり。

EDIT  |  02:10 |  感想 (その他)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT