2017.07/16(Sun)

CCB2017SUMMER End.

急に実写映画版ここさけ先行試写会が来たので。
カジュアル秩父です。慣れたものですね。
今日もいのりさんがかわいい。あの夏フェスから約1年経った今明かされるあの日の出来事など。
あんなにいのりさんの後ろ姿を長時間ガン見したのは初めてかも。かわいい。

ん、実写映画?うん、思ってたよりは大丈夫だったよ。
いろいろ構成や歌詞は違えど本筋は同じ。
こういう実写コンテンツになると、明確に誰が好きだなんだってのを言ったり叫んだりするようになるのは常なんやなぁって。
ちな、前情報通りいのりさんも出演されてます。一瞬。ほんと一瞬。序盤の順ちゃん登校シーンはよく目を凝らして見るんだ。右の方。
既にここさけを見てから二度秩父へ訪れているせい(おかげ)か、ロケ地がどこかすぐわかるものが多かったけれど、すぐわかるせいで場面的な繋がりと地形的な繋がりに「ん?」と思ってしまう場面がアニメ以上にあった。仕方ないね。
そういや、たっくんの使ってた端末は多分docomo版Galaxy S4のブルーじゃないかな(端末オタク目線)
たっくんのイケメン化がインフレしすぎててあんた誰って領域に片足入ってたのが面白かった。あんなん誰でも惚れますわ……。
田崎の玉子役はそうなるのか、って笑いそうになった。実際やるとなるとあぁなるわな。だいぶ昔のキャラクターですが、例えるならカリ○ロですよあれ。
田崎くんと言えば、アニメで青春の向う脛とかださい、って言ってたのに実写では名付け親になってたのが面白かった。

あと、ここ割と致命的な気がしたのだけれど、皆さん歌がうますぎたよね。特にたっくん。本来ここさけにおけるミュージカルの歌は高校生らしさに比重が置かれていた(ミトくんのこだわり)こともあり、あえてそこまでうまい歌は要求・使用されていなかった。(決してアニメ版の歌が下手というわけではない、伝われ)
今回劇伴にミトくんがクレジットされていないこともあるのか、これが実写映画化によって浮き彫りになった、声だけの演技との明確な差・難しさか。考えさせられる部分も多々あった。

是非一度その目で御覧くださいませ。

EDIT  |  01:11 |  感想 (イベント)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |