07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2011.03/21(Mon)

僕の考えた最強のI'veベストアルバム -トランス寄り-

僕の考えた最強のI'veベストアルバム -トランス寄り-
こういうのが出るわけじゃないよ!勘違いすんなよ!
 Tr.01:Crossed Destiny / KOTOKO
 Tr.02:Abyss / KOTOKO
 Tr.03:intron tone / Mami Kawada
 Tr.04:DROWNING / MOMO
 Tr.05:TRILL / Mami Kawada
 Tr.06:sensitive2001 -Remix- / SHIHO
 Tr.07:Discrimination / Ayana
 Tr.08:LAST IN BLUE / MELL
 Tr.09:Belvedia / SHIHO
 Tr.10:resolution of soul / KOTOKO
 Tr.11:明日への涙 / Mami Kawada
 Tr.12:LOVE A RIDDLE / KOTOKO
 Tr.13:Spiral Wind (ULYSSES ver.) / Eiko Shimamiya

 Time :72分21秒
 Make :2011/03/21

Crossed Destiny、Abyss、intron toneで助走をつけて駆け抜けるように盛り上がる。ここで一息つくかと思いきや「まだ休ませねぇぞ!」みたいなノリでダンサブルに突き上げる。ズンズン。Discriminationで本当の小休憩、でも燃え上がった炎は絶やさない。むしろ燃えるよな!Discrimination!小休憩どこいった!Belvedia辺りを通過して再びジワリジワリと動き出す。明日への涙から終盤。LOVE A RIDDLE→Spiral Windのコンボで感動のラストへ。極上のヒーリングトランスで幸福感と高揚感に満ち溢れたエンディング。

とまぁそんな感じでトランス寄りな曲で選んでみました。開幕ガチテクノじゃないですかやだーとか言わないの。
これはTwitterでこれに通ずる内容をツイートしたのがきっかけです。トラックリストの書き方を最近のI'veっぽくしてみたのは小さなこだわり。
ここまで書いてから気付いたけど、mix兄さんの曲が0ですね(^ω^;)
意識して避けたわけじゃないんだけど、むしろトランス寄りならmix兄さんじゃねーすかという感じもするのですが、はて……どうしてこうなった。
あとあれだなぁ、トランスを意識していくとやっぱSHIHOさんの存在は大きかったんだなーと実感。

……あれだな、I'veはジャンルで分けるのが難しいな。I'veはもうI'veってジャンルだわ。
(´ρ◝)?

もっとやってみたい選曲とかがあるからまたやるかもなー。



【おまけ】


EDIT  |  02:10 |  I've Contents  | TB(0)  | CM(1) | Top↑
2007.07/30(Mon)

I've Sound Dictionary -Page.3-

ここはI've Soundの小ネタをまとめたところ@3ページ目なのです。
「常識だろm9(^∀^)」という有名なネタもあれば「マジかよ」という深いネタもあります。たぶん。たぶん?
項目は何か思い出したり発見した時に増えますw

1ページ目はこちら
2ページ目はこちら

-11/16-

◆中坪淳彦さんトコ追記。




【I'veメンバー詳細データ】

■ クリエーター ■

高瀬一矢
中沢伴行
C.G mix
羽越実有
□ 尾崎武士

中坪淳彦 New!!

■ スタッフ ■

一法師康孝
板垣直樹
□ 吉田晴彦




■ クリエーター ■





高瀬一矢

数多くの名曲を生み出してきたキングオブサウンドクリエーター。I'veの代表取締役の一人でもあり、他のスタッフや歌い手からも絶大な信頼を得ているI'veのリ-ダ-的存在。
音楽以外のスキルも多数持ち合わせている。その一つはCG技術で、その昔「ZERO」より発売された「吐溜」というゲームのCGを担当したことでも有名である。

遊びに対する体力が異常に高いことでも有名。遊園地などに行く日は相当な覚悟と体力が必要になる程。
朝から晩まで絶叫系アトラクションに付き合わされ、疲れきってホテルに戻ると今度は無理矢理テレビ番組に付き合わされる。しかも自分が眠くなってくると勝手に人の事を放り出し寝てしまうという。
それだけでなく、わけのわからない寝言まで連発するため最近ではシングル部屋を1人豪華に使ってもらっているらしい。
ちなみに最近はバスケットの3on3で死にそうになったり、100メートル走も出来ないくらい体力が落ちているとのこと。

デイジーという名前のキジトラ猫を飼っている。が、2001年10月頃、1歳半にして猫伝染性腹膜炎に掛かってしまったらしい。その後完治したかどうかは不明。

昔はよくファンサイト各地に出没して、よくわからない言動とまったく改行をしない文章を残して去っていった、というエピソードもある。

あと、本人は必死に否定しているが「夜勤病棟」のOVAが好きらしい。

ライブでは主にギターを担当している。

座右の銘は「偶然と1フレ目のストライクは信用できない」

目次に戻る





中沢伴行

癒し系の曲調を得意とするおしゃべりが大好きなスペシャルサウンドクリエーター。何故か音楽面以外でも癒し系と言われている。ちなみに板垣氏曰く、「長嶋名誉監督の正当後継者だと思えるほどヒゲの濃いお方」らしい。
あとホラー映画などの怖いものが大嫌いでその手のものを見た後はトイレにすら行けないほどのチキンぶりを発揮する。

音楽家の中では珍しく鍵盤楽器がほとんど弾くことができないが、中国の楽器「二胡(にこ)」なら弾けるとのこと。

A型なのにI'veで一番だらしない男でもある。専用のレコ-ディングブ-スを時々掃除すると卓や鍵盤の下からスルメやポテトチップスの食いカス、更には片っぽだけの靴下までもが発掘されるほど。しかし人間性が抜群に良いため何をやっても絶対にムカツク事が無いという。

ライブでは主にキーボードを担当している。

目次に戻る





C.G mix

元々はI've所属アーティストで、今はI've社員の一人であるスペシャルサウンドクリエーター。本名は畠山慎司(はたけやましんじ)。
I've所属アーティスト時代は主にトランス方面でビジュアル寄りのソロア-ティストとして活動をしており、過去にファクトリーレコーズより何枚かCDを出している。作曲の方はノリの良いダンスポップ系を得意とする。

一般投稿による怪奇現象が映ったビデオシリ-ズのDVDを全巻コンプリートしているほどの怖い話が好きで、それを夜中1人で見るのが趣味。
そのせいか、I've社内で時々起きる不可解な現象(誰もいないのに階段を登る足音が聴こえる・勝手にドアが開く)の調査はすべて彼が行う。

更に、I'veメンバーが車で移動している時に「お腹空いたー」と言った詩月カオリさんに対して無言で外にいる羊を指さしたり(「その辺にいるのを食え」という意味)となかなかユニークな一面も持っている。

ライブでは主にキーボードを担当している。

座右の銘は「なせばなる。まずは何事も、やってみないと」

目次に戻る





羽越実有

I'veの活動拠点は北海道であるが、彼女は大阪で作曲・編曲活動をしている女性クリエイター。「STUDIO_MICE」という自身のスタジオを持っている。いくつかのゲーム会社のサウンド開発部を経て、現在はフリーの作・編曲家として活動中。I've外の仕事では愛内里菜さんのアルバム「DELIGHT」の表題曲「DELIGHT」に編曲で参加したこと(井内舞子名義)がある。
2005年あたりからは井内舞子(本名)という名前で活動されている。ちなみに、羽越実有(うえつみう)とは、井内舞子(いうちまいこ)を後ろに一文字ずつずらして付けられた名前であると思われる。
オーケストラを前面に出した曲やポップな曲作りが得意。コーラスワークが他のメンバーよりもうまい。歌曲以外にBGMも多く製作されている。

KOTOKOさんの大阪イベントライブツア-で彼女を初めて見た板垣氏は「お?スゲェイイ女が見に来ているな!」と思ったらしい。

また、彼女の名前がたまに「実羽」と表記されることがあり(「SHORT CIRCUIT」においてもそう表記されている)、どちらが正しいのかよくわからなくなっていたが、I'veからの回答によると、「実有」が正しい表記であるとのこと。

目次に戻る





中坪淳彦

FISH TONEという個人活動名義を持つカリスマ性があって、お洒落感覚も抜群で、何をやっても絵になるナイスガイ。
自宅の一角にTTB Studioという音楽スタジオを設け、そこで主に曲の制作をしている。70~80年代のアナログシンセサイザーを好んで使用する。テクノ・エレクトロ系の曲を得意とする。
時期は不明だが、I'veから脱退している。現在はオリジナルアルバム制作や国体・舞台への楽曲提供やイベント・ライブへの参加、北海道のアーティストのプロデュースなどで活動している。TTB Studioから出されているアルバム(イベント限定などの手焼きCD)に中坪氏がI'veに所属していた頃に関わったボーカル曲のインストVer.が収録されることがある。

音楽以外の趣味はバイクとおもちゃである。バイクは自宅に約5台ものヴィンテージバイクを所持している。おもちゃについては、有名な某格闘家がわざわざ取引交渉をしてくるほどの有名っぷり。その資産価値は三桁後半まで行くと言われている。おもちゃの話になると、眼を爛々と輝かせ訊いちゃいないのに勝手に説明をし始めるらしい。

また、スターウォーズの話となると、もはや誰にも止められないほど暴走する。スターウォーズが大好きな高瀬氏と中坪氏の2人に両側からステレオト-クを浴びせられた板垣氏は「まるで宗教の勧誘にでも遭ってるかのような苦痛極まりない時間を与えられた。」と語っている。

富久子さんという京都出身の美人な奥さんがいることでも有名だが、数年前に離婚されたそうです。富久子さんはTTB Studioの通販管理者であると同時にI'veのアーティストマネージャーでもある。I've Talk Jam in TG 第3回からの司会者も担当している。

目次に戻る





■ スタッフ ■






一法師康孝

ファクトリーレコーズ及びI'veの代表取締役。

昔はかなりの凄腕ドラマーだったらしい。が、今ではプリティーウーマンのイントロくらいしか叩けない体になってしまわれたとのこと。

目次に戻る





板垣直樹

I've社員の一人で、昔は営業や歌い手の発掘などを担当していた。現在ではI'veのトータルディレクターとして活動されている。やや巻き舌気味のしゃべり方で戦国風のフレーズをかき鳴らすのと、某戦国武将の刺青を彫っていることから「将軍」と呼ばれている。「将軍」の名付け親は高瀬氏。また、ごくまれに「I've口だけ番長」と呼ばれることもある。

I'veに入る前はメジャーデビュー寸前まで上り詰めるほどの凄腕ギタリストだったらしい。何があったかはわからないが、今はI've社員として落ち着いている。
プロ野球では大の巨人好き。

I'veから出されているCDのライナーノーツの誤植は彼の手によるもの。

あと、最近ハ-ドコア・ゲイに目覚めつつあるらしく、一法師氏とハ-ドコアな関係になるのが夢とのこと……。

目次に戻る





………
……
EDIT  |  19:37 |  I've Contents  | Top↑
2007.05/08(Tue)

I've Sound Dictionary -Page.2-

ここはI've Soundの小ネタをまとめたところ@2ページ目なのです。

「常識だろm9(^∀^)」という有名なネタもあれば「マジかよ」という深いネタもあります。たぶん。たぶん?

項目は何か思い出したり発見した時に増えますw

1ページ目はこちら
3ページ目はこちら

-09/28-

◆間違えやすい曲名一覧に1曲追加。




目次

▼I'veメンバーの別名義一覧
▼間違えやすい曲名一覧
▼曲の間に入る英語/台詞一覧




■I'veメンバーの別名義一覧■


高瀬一矢

K.T
Hard Stuff Ft. Pastaway(一部例外あり
Hard Stuff・K




中沢伴行

Hard Stuff Ft. Flushless(一部例外あり
DIE & JUNO




C.G mix

畠山慎司
Shinji Hatakeyama
EURO KING




中坪淳彦

FISH TONE
FISH中坪




羽越実有

井内舞子
Eu-t




KOTOKO

Ko-tton
Outer(ボーカル)




島みやえい子

PEKO

05/03/16に「島宮えい子」から改名




MELL

Orihime




SHIHO

SHIFON T.




AKI

Y.AKI

目次に戻る





■間違えやすい曲名一覧■


明日への涙 (あすへのなみだ

雨に歌う譚詩曲 (あめにうたうばらーど

祈りの時代 (いのりのとき

遮光 (かげり

硝子の靡風 (がらすのかぜ

七転八起☆至上主義! (しちてんはっき しじょうしゅぎ

秋爽 (しゅうそう

雪華の神話 (せっかのしんわ

宇宙のまほろば (そらのまほろば

天壌を翔る者たち (てんじょうをかけるものたち

疾風雲 (はやてぐも

緋色の空 (ひしょくのそら

421 -a will- (よんにーいち あ うぃる

目次に戻る





■曲の間に入る英語/台詞一覧■


「Asura」英語部分

They have recounced war.
We have been in deep.
Do you believe men kind?
It is mens lot suffer.




「Second Flight」間奏台詞

ここにしかないもの
ここから始まるときを
心の瞳に映し
そして全てを感じよう
埃まみれの翼は
後悔にきっと糧にする
今だから
そう、こんな今だからこそ




「421 -a will-」英語部分

Thank you for your sincerely encouragement.
I have my will, because it's my gratitude to you.

目次に戻る



EDIT  |  15:12 |  I've Contents  | Top↑
2007.04/25(Wed)

I've Sound Dictionary -Page.1-

ここはI've Soundの小ネタをまとめたところ@1ページ目なのです。

「常識だろm9(^∀^)」という有名なネタもあれば「マジかよ」という深いネタもあります。たぶん。たぶん?

項目は何か思い出したり発見した時に増えますw

2ページ目はこちら
3ページ目はこちら

更新した項目は右側に『New!!』を付けるようにするつもりです。



目次





■裏話のような用語解説■






I'veとは「I Love I Live I Leave」の略で、意味は「前向きな希望を持って、自分で行こう、信念を持て」。
が、実はこれは後からつけられたもので、本当の由来は「愛撫」から来ている。

目次に戻る






高瀬一矢氏と一法師康孝氏によって設立されたレコード会社。FUCTORYとはFACTORYにFUCKをかけた造語である。

この会社は、東京のとある会社より高瀬氏の楽曲を使用したいとの連絡があり、JASRAC登録をするために設立した、とのこと。
過去にレコードやCDを何枚か出している。

スタジオは札幌市内にある。実際に見に行った人によると「普通の家っぽい3階建てのビル」らしい。武道館ライブのパンフで高瀬氏が「引っ越したい」と言っていたが、どうやらまだ引っ越せていないようだ。(07/05/07時点)

目次に戻る






C61で販売されたI'veセット内に含まれていたCD「C-LICK」に収録曲されている3曲の編曲、ライナーノーツには「編曲:高瀬一矢・中沢伴行・中坪淳彦」となっているが実際に編曲を担当したのは中坪氏のみである。

目次に戻る






「Dear Feeling」は高瀬氏、中沢氏、永田氏のお名前がローマ字表記された黒いビニール袋と一緒に配られました。
そのビニール袋の中には高瀬氏が書いた「一矢」というサイン入りのものも存在します。
狙いは売り上げアップだとか。

目次に戻る






「ばっちい贈り物」じゃなくて「猾獪な才能」と訳します。

目次に戻る






高瀬氏です。

目次に戻る






その昔、高瀬氏がカナダ方面で音楽制作をしていた時に使っていたユニット名。
この名義で制作された曲はコナミのダンスダンスレボリュージョンなどに採用されています。

目次に戻る






C61にて販売されたKOTOKOさんの「hitorigoto」の商品番号と、この後販売されたI've Girls Compilation 3rdアルバム「disintegration」の商品番号がなんと同じなのです。 これについてVisual Art'sは「誤植ではない。hitorigotoには商品番号は付かないはずだった。」と話していた。

目次に戻る






「I've P.V COLLECTION Vol.1」と「KOTOKO LIVE 2006 IN YOKOHAMA ARENA パンフレット」に収録されている「L.A.M -laze and meditation-」のPVで使用された衣装(KOTOKOさんが着ていたドレス)は、中坪氏によってYahoo!オークションに出品されました。
その後の事は一切不明。

目次に戻る






I've初のPVで、CD「Dear Feeling」との抱き合わせで販売されたDVD。
「prototype」ということでもちろん完全版も存在するのだが、発表するタイミングを失ったとかでお蔵入りになってしまっている。

ちなみにこのPVの撮影中、通りを歩いていた外国人に何故か乾電池を投げつけられたらしい。

目次に戻る






高瀬一矢氏と一法師康孝氏によるユニット。過去にいくつかのレコードを出している。これらのレコードは現在生産していないため入手は大変困難だが、曲自体はI'veから出されたトランスアルバム「Psychedelic」や、旧I've FCがC63で出品した「Trush Vox Zero」にこのユニットの楽曲がほとんど収録されているので聴こうと思えば多少の努力で聴くことができる。

目次に戻る






その昔、中坪氏と一法師氏、その他の人々が組んでいたバンドの名前。
この名義で何枚か自主制作アルバムがリリースされている。その中の「HUMAN」というアルバムは中坪氏が参加したCDでは一番最初に出たもの。しかもこのアルバムのボーカルは中坪氏が担当していたらしい。

また、「WARX」内のメンバーとして活躍していた頃の一法師氏は「Toshihiko Kuri」という名でドラムの担当をしていた。

目次に戻る






高瀬氏が主にEURO系のアルバムで使用していた名義。
「WORM WORLD」の意味は「徐々に世界へと入り込む」。

目次に戻る






I've P.V COLLECTION Vol.3のメイキング後、しばらくそのまま再生していると始まるオマケ映像のこと。
KOTOKOさんと詩月カオリさんの決闘が行われます。結果は詩月カオリさんの勝利。

作中のBGMは「β2β」(「verve-circle Psychedelic Trance Edition -Featuring GMS-」収録)。
制作・撮影は高瀬氏ということから、これは彼が大好きなスターウォーズをモチーフに作られたと思われる。

目次に戻る






高瀬氏が若い頃に組んでいたバンドの名前。

目次に戻る






2002年初旬までスタジオの1/4を埋め尽くしていたらしい高瀬氏の趣味の一つ。
高瀬氏は楽曲制作に煮詰まったときなどによくこれで遊び気分転換をしていたとのこと。

目次に戻る






中沢氏が長野県で組んでいたバンドの名前。

目次に戻る






島みやえい子先生には人の前世を見る能力があるらしく、えい子先生はそれぞれの前世を高瀬氏は「ウナギ取り職人」、中沢氏は「そのウナギ取り職人の女郎」と見据えたとのこと。
「アニソンマガジン Vol.1」でも川田まみさんがこれについて少し触れている。

ちなみに、wata氏は「金持ちのおぼっちゃま。武士の子供」らしい。

目次に戻る






たまごパック特有のデコボコが音波を多方向へと分散するために絶大な消音効果を持つことからI've Studio中に張り巡らされているらしい高瀬氏のお気に入りアイテム。これは業務用のやつでなければ効果を発揮しないらしい。

ちなみに、I'veにオーディションに来た人の中にたまごパックだらけのブースを見て逃げ出した人がいたとかいないとか。

また、I'veと密接な関係がある、2007年10月頃に引っ越したとある会社のSounds Labelのスタジオ内の壁一面にもたまごパックが貼ってあるとのこと。ブースとディレクションルーム(?)の間の防音ガラスには包装用のプチプチも貼ってあるらしい。
ちなみにこれは引っ越し前の情報です。引っ越しをされた後も貼ってあるかどうかは不明。

目次に戻る






一つは「SHORT CIRCUIT」の発売日にラオックスのイベント館にて、「ショートサーキット&DC版恋愛CHU!発売イベント」という高瀬氏、KOTOKOさん、詩月カオリさん、田中美智さん(声優)のトークショーイベントでの話。
このトークショーには中沢氏も参加する予定だったが、残念ながら欠席。その理由は2週間ほど前からトイレが近く、とても長時間ジッとしていられる状態では無かったからとのこと。

二つ目はI'veFC「abscedo」がコミックマーケットにて出品した「Trush Vox 3」に収録されている高瀬氏、中沢氏、KOTOKOさん、島宮えい子さんのコント内で使われたネタ
そのネタは「レコーディング中にトイレへ行く中沢氏」という内容。これにより中沢氏は一時期あちこちでトイレと呼ばれていた。

そして三つ目。高瀬氏は曲のアイデアをトイレでよく考えるらしい。しかも用を足している時。流石である。

目次に戻る






1999年にRAMより発売されたゲーム「ねがい」の主題歌である「ねがい」。こちらを歌われたのはCHIYOさんというお方ですが、実はこの曲は当初の予定では別の方が歌うはずだったのです。しかし、収録寸前になってそのボーカルがボイコットしたため、急遽RAMスタッフのいとこであるCHIYOさんがボーカルに起用された、とのこと。
予定されていたボーカルが誰であったかは分かっていない。

目次に戻る



EDIT  |  17:19 |  I've Contents  | Top↑
2006.12/02(Sat)

I've Sound Schedule

ここはI've Soundの今後のリリース予定をまとめたページです。
たぶん発売日順に並んでいます。

更新した項目は右側に『New!!』を付けるようにするつもりです。


2008年9月

2008年夏

2008年10月

2008年11月

2008年内

2009年内

未定

特別
  • -----

I'veがOP/EDを担当している現在放送・放映中のTVアニメ・映画

I'veがOP/EDを担当する今後放送・放映開始予定のTVアニメ・映画



メーカー

Geneon (GNCV-1007/GNCV-1008)

ジャンル

Music CD

発売日

2008年09月24日(水)

収録曲

- DISC 1 -

Tr. 曲名 作詞 作曲 編曲 ボーカル
備考
Tr.01 Suppuration-core-(G.M.S. remix) KOTOKO 高瀬一矢 G.M.S. KOTOKO
-----
Tr.02 TRILL(Shiva Joerg remix) 川田まみ 高瀬一矢 Shiva Joerg 川田まみ
-----
Tr.03 kicks!(SINE6 remix) MELL 高瀬一矢 SINE6 MELL
-----
Tr.04 リアル鬼ごっこ(Ben Watkins from JUNO REACTOR remix) KOTOKO 高瀬一矢 Ben Watkins KOTOKO
-----
Tr.05 IMMORAL(SORMA No.1 remix) 川田まみ 中沢伴行 SORMA No.1 川田まみ
-----
Tr.06 WHEEL OF FORTUNE(運命の輪)(SINE6 remix) 島みやえい子 高瀬一矢 SINE6 島みやえい子
-----
Tr.07 Change of heart(soyuz project remix) 詩月カオリ 井内舞子 soyuz project 詩月カオリ
-----

- DISC 2 -

Tr. 曲名 作詞 作曲 編曲 ボーカル
備考
Tr.01 Re-sublimity(Shiva Joerg & HARD STUFF remix) KOTOKO 高瀬一矢 Shiva Joerg & HARD STUFF KOTOKO
-----
Tr.02 ひぐらしのなく頃に(SORMA No.1 remix) 島みやえい子 中沢伴行 SORMA No.1 島みやえい子
-----
Tr.03 radiance(JOY BASU remix) KOTOKO・川田まみ 中沢伴行 JOY BASU 川田まみ
-----
Tr.04 Red fraction(G.M.S. remix) MELL 高瀬一矢 G.M.S. MELL
-----
Tr.05 UZU-MAKI(Eat Static remix) KOTOKO 高瀬一矢 Eat Static KOTOKO
-----
Tr.06 no vain(G.M.S. remix) MELL 高瀬一矢 G.M.S. MELL
-----
Tr.07 ひかりなでしこ(Eric Mouquet from Deep Forest remix) 島みやえい子 島みやえい子 Eric Mouquet 島みやえい子
-----

備考

  • I'veの歌姫5人のメジャーで発表された曲が一流のリミキサーによって生まれ変わります。CD2枚組で全14曲収録予定。
  • 初回限定盤は特製缶ケース仕様、オリジナルロゴステッカー(3種のうち1枚ランダム封入/絵柄は選べない)付き。
  • 店によっては特典(ネックストラップ)付き。見せごとに色が違います。ソフマップは青。




メーカー

Lillian

ジャンル

Adult PC Game

発売日

2008年09月26日(金)

使用曲

使用パート 曲名 作詞 作曲 編曲 ボーカル
備考
主題歌 ユメミボシ★boom!boom! KOTOKO 中沢伴行 中沢伴行・尾崎武士 KOTOKO
-----




メーカー

ai sp@ce製作委員会

ジャンル

3D生活空間サービス

オープン日

2008年夏予定

使用曲

使用パート 曲名 作詞 作曲 編曲 ボーカル
備考
主題歌 U make 愛 dream ????? ????? ????? KOTOKO
主題歌第一弾




メーカー

Geneon

ジャンル

Music CD

発売日

2008年10月29日

収録曲

使用パート 曲名 作詞 作曲 編曲 ボーカル
備考
Tr.01 PSI-missing ????? ????? ????? 川田まみ
TVA「とある魔術の禁書目録」オープニングテーマ
Tr.02 My Friend ????? ????? ????? 川田まみ
-----
Tr.03 PSI-missing -Instrumental- ????? ????? ????? (Instrumental)
-----
Tr.04 ????? -Instrumental- ????? ????? ????? (Instrumental)
-----

備考

  • 初回盤と通常盤あり。初回盤はPVを収録したDVD付き。
  • 表題曲「PSI-missing」はTVA「とある魔術の禁書目録」のオープニングテーマ。




メーカー

なのはStrikerS PROJECT

ジャンル

Drama CD

発売日

2008年10月29日

使用曲

使用パート 曲名 作詞 作曲 編曲 ボーカル
備考
ED My Friend 川田まみ 中沢伴行 一色由比 川田まみ
-----

備考

  • 夏コミにて限定特装盤を販売。通常盤は秋ごろ発売予定。



メーカー

DIVA

ジャンル

Adult PC Game

発売日

2008年10月31日(金)

使用曲

使用パート 曲名 作詞 作曲 編曲 ボーカル
備考
ED 白い輪舞曲 KOTOKO 井内舞子 井内舞子 詩月カオリ
-----



メーカー

Geneon

ジャンル

Music CD

発売日

2008年11月26日

収録曲

使用パート 曲名 作詞 作曲 編曲 ボーカル
備考
Tr.01 KILL ????? ????? ????? MELL
映画「斬~KILL~」オープニングテーマ
Tr.02 ????? ????? ????? ????? MELL
映画「斬~KILL~」エンディングテーマ
Tr.03 KILL -Instrumental- ????? ????? ????? (Instrumental)
-----
Tr.04 ????? -Instrumental- ????? ????? ????? (Instrumental)
-----

備考

  • 初回盤と通常盤あり。初回盤はPVを収録したDVD付き。
  • 映画「斬~KILL~」のオープニングテーマ&エンディングテーマ。



メーカー

Geneon

ジャンル

Music CD

発売日

2008年11月26日

収録曲

使用パート 曲名 作詞 作曲 編曲 ボーカル
備考
Tr.01 Rimless ~フチナシノセカイ~ ????? ????? ????? IKU
TVA「とある魔術の禁書目録」エンディングテーマ
Tr.02 ????? ????? ????? ????? IKU
-----
Tr.03 Rimless ~フチナシノセカイ~ -Instrumental- ????? ????? ????? (Instrumental)
-----
Tr.04 ????? -Instrumental- ????? ????? ????? (Instrumental)
-----

備考

  • TVA「とある魔術の禁書目録」のエンディングテーマ。


メーカー

mana

ジャンル

Adult PC Game

発売日

2008年11月--日(金)

使用曲

使用パート 曲名 作詞 作曲 編曲 ボーカル
備考
主題歌 Crash Course~恋の特別レッスン~ KOTOKO C.G mix C.G mix KOTOKO to 詩月カオリ
-----




メーカー

Spray

ジャンル

Adult PC Game (BL)

発売日

2008年内予定

主題歌

使用パート 曲名 作詞 作曲 編曲 ボーカル
備考
主題歌 under the darkness -Remix- A.I. C.G mix ????? C.G mix
-----




メーカー

Spray

ジャンル

Adult PC Game (BL)

発売日

2008年内予定

主題歌

使用パート 曲名 作詞 作曲 編曲 ボーカル
備考
主題歌 ????? ????? ????? ????? C.G mix
-----




メーカー

みなとそふと

ジャンル

Adult PC Game

発売日

2009年内

使用曲

使用パート 曲名 作詞 作曲 編曲 ボーカル
備考
ED 茜空 ????? ????? ????? KOTOKO
-----



メーカー

CALIGULA

ジャンル

Adult PC Game

発売日

2009年内

使用曲

使用パート 曲名 作詞 作曲 編曲 ボーカル
備考
主題歌 ????? ????? ????? ????? ?????
-----




メーカー

Geneon (????-?/????-?)

ジャンル

Music CD

発売日

発売日未定

収録曲

(未定)




メーカー

IMAGE CRAFT

ジャンル

Adult PC Game

発売日

発売日未定

使用曲

詳細不明




メーカー

IMAGE CRAFT

ジャンル

Adult PC Game

発売日

発売日未定

使用曲

使用パート 曲名 作詞 作曲 編曲 ボーカル
備考
主題歌 I deal Forest KOTOKO 高瀬一矢 高瀬一矢 KOTOKO
-----




公開時期

2008年4月下旬~

主題歌

使用パート 曲名 作詞 作曲 編曲 ボーカル
備考
主題歌 翡翠 -HISUI- 川田まみ C.G mix C.G mix・尾崎武士 川田まみ
実写映画「お姉チャンバラ THE MOVIE」主題歌




公開時期

2008年5月10日~

OP/ED

使用パート 曲名 作詞 作曲 編曲 ボーカル
備考
OP WHEEL OF FORTUNE(運命の輪) 島みやえい子 高瀬一矢 高瀬一矢 島みやえい子
実写映画「ひぐらしのなく頃に」オープニングテーマ
ED ディオラマ 島みやえい子 中沢伴行 中沢伴行 島みやえい子
実写映画「ひぐらしのなく頃に」エンディングテーマ




放送時期

2008年10月~

OP/ED

使用パート 曲名 作詞 作曲 編曲 ボーカル
備考
OP PSI-missing ????? ????? ????? 川田まみ
TVA「とある魔術の禁書目録」オープニングテーマ
ED ????? ????? ????? ????? IKU
TVA「とある魔術の禁書目録」エンディングテーマ




公開時期

不明

OP/ED

使用パート 曲名 作詞 作曲 編曲 ボーカル
備考
OP KILL ????? ????? ????? MELL
実写映画「斬~KILL~」オープニングテーマ
ED ????? ????? ????? ????? MELL
実写映画「斬~KILL~」エンディングテーマ



EDIT  |  16:43 |  I've Contents  | Top↑
PREV  | BLOGTOP |